TOP > 京都大学 山中教授
 ← リンダーホフ ホームページ | TOP | リンダーホフ 生駒市

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


京都大学 山中教授 

2007年11月23日 ()
“万能細胞”世界が注目
NHK
さまざまな組織や臓器になるes細胞とほぼ同じ能力の細胞をヒトの皮膚を使って作ることに世界で初めて成功した京都大学の山中教授の研究室には、画期的な研究成果に対する祝福や問い合わせの連絡が国内外の研究者などから相次いでいます。(続きを読む)


火山都市会議/災害復興学会設立へ 関西学院大山中教授 再生思想フォーラム
長崎新聞
山中教授は「復興は地域ごとの極めてローカルなテーマで、一時的な支援システムで終わっているのが現状。地域コミュニティーの再生をどう図るかなど課題も多く、全国的なネットワーク化で被災者に役立つ知恵やシステムを構築したい」と話した。 学会は普賢岳噴火災害や ...(続きを読む)


「万能細胞」の培養成功にも、一定のルールが必要。岸田科学技術担当大臣。
Techinsight japan
今回、山中教授らが作り出すことに成功した「万能細胞」は、患者の皮膚から移植用の組織を作ることにより、拒絶反応のない再生医療を可能にすると期待される。これまで研究の主流となっていたes細胞のように、人の受精卵を必要としないことから、倫理的な論争を回避できる ...(続きを読む)




ヒトクローン胚研究を断念 「ドリー」誕生の英博士について
京都大の山中伸弥教授らが研究している別の手法の方が、治療用の万能細胞づくりには有望だと判断したためという。 ウィルムット博士は今後、山中教授の業績を参考に新たな研究に取り組むとみられるが、クローン研究のパイオニアの方針転換は、世界の研究 ...(続きを読む)


ドリー生みの親 クローン研究断念
山中教授は昨夏、マウスの皮膚細胞に遺伝子操作を加えES細胞と同じ働きをする新たな「万能細胞」をつくるのに成功。ヒト細胞への応用も可能とみられており、同博士は山中教授の研究の方が「社会的に受け入れられやすい」と評価している。 【関連記事】 ...(続きを読む)


山中教授:「日本の研究者はもっとコミュニケーションを」
山中教授はiPS細胞の知財を日本で確保するために苦吟されています(BTJジャーナル9月号参照)。 国益の防衛をなぜに末端の研究者がやらねばならんのか。 愛国教育とかの精神論の前に、事務レベルで国益損害を防ぐことを考えて欲しいものです。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.23(Fri) 01:13] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← リンダーホフ ホームページ | TOP | リンダーホフ 生駒市

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。